一人で生きていくなら風俗しかない

離婚をして一人で生きていくことになったのですが、それまでが専業主婦だった時期が長くまともな職にはつけそうにありませんでした。 しかし、だからと言ってまた男に頼る生活も嫌だと思い、風俗で働こうかと考えたのです。 風俗ではできれば働きたくはありませんでしたが、これもい一つの私の決意のようなもので覚悟を決めようとソープ求人に応募してみることにしました。 ソープ嬢としては年がいっているため、果たしてどれだけ稼げるかと思っていましたが、最初の内は新しく入ったばかりということで、初物好きの人たちがいくらか指名をしてくれたので少しは稼ぐことができました。 しかし、やはり風俗の仕事は稼ぐことはできても嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、他にできることもなかったため仕方なく続けることにしました。 ただ、ここで駄目なら後はないと思いサービスだけはしっかりとしていたところ、ある程度固定客がついてくるようになり、生活が安定するようになったのです。 たくさんのお金を手にすることができるようになりましたが、将来のことを考えてできるだけ貯金をするようにして早いうちになんとか、風俗で働かずにも済むぐらいのお金を稼ごうと奮闘している最中です。